校長の言葉

校長の言葉(令和元年 9月)

いつまでも暑い日に悩まされた9月でした。

校長の言葉(令和元年8月)

8月が終わります。昨年は災害レベルと言わ…

校長の言葉(令和元年7月)

東海地方は梅雨明けしたと見られると、28日…

校長の言葉(令和元年6月)

蒸し暑い日が続いていますが、PTAの皆さ…

令和元年5月 校長の言葉

10連休で始まった5月が終わります。先週は最高気温34度を記録する真夏日があったりしました。

平成31年4月 校長の言葉

愛知県立尾西高等学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

平成31年3月 校長の言葉

今年の桜の開花は昨年よりも遅れているように思います。

平成31年2月 校長の言葉

2月の末ともなると、日差しに温かさを感じ…

校訓

真摯

真面目でひたむきな事

校章

 校章の由来
尾西の頭文字である「尾」をデザイン化した元尾西市章に「高」の字を重ねたものである。

教育目標

(1) 本校の教育目標

将来、国家・社会の有為な形成者として果たさなければならない使命の 自覚と、その実現のために必須な資質を備えた日本人を育成する。

(2) 本年度の課題・重点目標

自ら学び、自ら考える力など、「生きる力」の育成を基本とした、知・徳・体のバランスのとれた教育を展開し、健やかな体と豊かな人間性を備えた生徒の育成を目指す。

ア 学習指導

・全教員が協力して授業規律の徹底を図り、学習に真剣に取り組むことができる生徒を育てる。

・授業改善を常に意識し、柔軟な発想と新たな企画・アイデアで、生徒に新たな発見とやる気が生まれる授業を展開する。

・「わかりやすい授業」実現のため、生徒の実態把握に努め、少人数、習熟度別授業を有効に機能させる。

・「朝の読書」を有効に活用しながら学習指導の一層の充実を図る。

イ 進路指導

・あらゆる機会を捉えて面接指導を実施し、一人一人の進路に応じたきめ細かな指導を行う。

・学年、時期に応じ、具体的な目標を設定をさせ、進路意識の高揚を図る。

・これまでの教育活動をキャリア教育の視点で見直し、毎日の授業やHRの中で、生徒の学びに対する積極性を喚起し、自己理解の深化、主体的な進路選択につなげる。

・社会へ出て即戦力となるためのコミュニケーション能力を育てる。

ウ 生徒指導

・家庭との連携により、生徒の生活習慣の確立を図り、身だしなみを整え、時間を守れる生徒を育てる。

・あいさつの励行・言葉遣いなどについてわかりやすいことばで指導し社会性を育てる。

・適応指導の観点をもち、悩みを抱えた生徒には支え寄り添う気持ちを大切にする。

・一人一人の心に訴える生徒指導に職員が一丸となって取り組み、職員と生徒の豊かな人間関係を構築する。

・部活動、生徒会活動、学校行事に積極的に参加させ、成功体験を積ませることで、自己有用感と学校への帰属意識を高める。

エ PTA活動

・PTA活動への積極的な参加を呼びかけ、学校の教育活動をより良く理解していただけるよう努める。

・地域に根ざした学校を目指し、積極的に本稿の活動を発信し、生徒、職員と地域との交流を深めるよう努める。

オ 学校保健活動

・家庭と連携して朝食等の欠食や偏食を減らし、自らの健康維持・増進の心構えを身に付けさせる。

・生徒の心の健康に関して、教育相談部を中心に家庭・医療機関との連携も行いながら、迅速かつ的確な対応を心掛ける。

・校内外の環境美化や施設設備の安全点検を意識し、学習環境の整備に努める

カ 図書館活動

・「朝の読書」と連携し、読書習慣を身に付けさせ、情操豊かな生徒を育てる。

キ 安全教育

・防災に関する知識・技能を理解・習得させ、自他の命を大切にする姿勢や態度の育成を目指す。

カリキュラム

普通コース

情報ビジネスコース(1年次は普通コースと共通カリキュラムです)

アクセス

【名鉄バス】
・名鉄一宮駅(西口)発
西中野行き「尾西高校前」下車 徒歩1分

【名鉄電車】
・名鉄一宮駅乗り換え
尾西線津島行き「玉野」駅下車 自転車15分(一宮方面からの場合)

【自転車】
・一宮大垣線を西進し、濃尾大橋東の信号を左折南進