校長の言葉(令和元年6月)

蒸し暑い日が続いていますが、PTAの皆さまのおかげで教室には空調設備が完備され、快適な学習環境が提供できています。本当に感謝しております。

今月の私は出張が多く、なんだか落ち着かない毎日だったように感じます。部活動の応援も23日(日)の水泳部の大会に少し顔を出せたくらいです。それでも、水泳部の皆さんには元気をもらえました。残念ながら県大会への進出はなりませんでしたが、それぞれ自己ベストを出すなど、日ごろの練習の成果は発揮できたようでした。

また、本日30日(日)は野球部の初戦が予定されていましたが、雨のため延期となりました。7月6日(土)に仕切り直しです。相手は豊田高専。なかなか手強いようです。

さて、22日(土)には本校を会場にPTA文化教室「プリザーブドフラワーの置物づくり」を開催しました。PTAの皆さんだけでなく、近隣の住民の方も、この文化教室を毎年楽しみにしてくださっていると聞いています。当日は30名の参加者がありました。

「プリザーブドフラワー」とは、特殊な液につけて水分を抜いた生花や葉のことです。ドライフラワーと違って、みずみずしい質感と柔らかさが残ります。それを組み合わせて飾ると、美しいインテリア小物ができあがります。「インスタ映え」する小物として、大人気だそうです。私も途中まで挑戦しました。赤いバラやアジサイの花、ユーカリの葉などを細い針金で仕込みます。残念ながらそこで時間切れ。次の予定があり、残りの作業は総務主任のY先生にお願いして失礼しました。講師の先生も手を入れてくださり、すばらしい仕上がりの作品をいただきました。

参加者の皆さんも色とりどりの、個性あふれる作品ができあがり、楽しい時間を過ごしていただけたようです。これからも地域の皆さんとのつながりも大切にしながら、学校運営に取り組んでいきたいと考えております。

28日(金)に1学期の期末考査が終わりました。7月1日からは求人票が届きはじめ、3年生の就職希望者はいよいよ就職試験に向けての準備が本格化します。進学希望者も受験勉強は「夏は天王山」と言われます。そして、清新祭の準備も始まります。

1・2年生も含め、「熱い夏」への取組を生徒たちに期待しています。

令和元年6月30日

校長   三 浦 治 夫