校長の言葉(令和元年 9月)

いつまでも暑い日に悩まされた9月でした。月末になっても、まだツクツクボウシが鳴いています。「温暖化」は間違いのない事実のように感じられます。

さて、9月と言えば学校祭です。5年目の「清新祭」。今年も「創業と守成といずれが難き」という唐の太宗(李世民)の言葉を生徒に投げかけました。内容のアップグレードは確実に進んでいます。

昨年は雨にたたられた体育祭でした。結局、体育館で6群団の応援合戦のみを開催することでお茶を濁しました。

今年こそは、という気概で臨んだ体育祭。明け方に降った雨で開始時間は遅れましたが、何とか無事6日(金)に開催することができました。

今年の清新祭のテーマは『Are you ready? Already!』でしたが、まさに準備は万端です。去年の分まで取り返そうという意気込みにあふれた体育祭となりました。

準備にあたってくれた生徒会執行部の皆さんをはじめ、グラウンドの整備や競技の運営に献身的に取り組んでくれたたくさんの運動部の皆さんのおかげで、すばらしい体育祭になりました。ほとばしるような「若さ」にあふれたエネルギーを見せてくれました。応援合戦も各群団とも工夫を凝らし、見所がたくさんありました。

5日(木)の文化祭も盛りだくさんで、なかなか全部を見て回ることはできませんでした。文化部はもちろん、クラス企画も頑張っていました。1-2は大掛かりなジェットコースターを作り上げました。2-6の実験ラボも、これぞ理系と頑張っていました。食品バザーも充実です。2-1は流行りのタピオカを、1-1はチーズハットグにから揚げ、2-5はプレーン、抹茶、ココア、ハイチュウの4つの味のカステラを提供してくれました。他にもPTAの皆さんからは焼きそば、フランクフルト、みたらし団子と、メニューが豊富です。茶華道部では手作りのお菓子と抹茶のお点前をいただき、すっかりお腹は満腹です。楽しい一日を過ごすことができました。

今年の生徒会執行部と有志の生徒が作製したモザイクアートも見事でした。テーマにちなみ、バトンをパスする手と手を描いていました。3メートルを超える大作が来場する皆さんをお迎えしました。すばらしい時間を共有できたと思います。

そんな余韻に浸る間もなく、翌週からは16日(月)から始まる就職試験に向けて、3年就職希望者への指導が再開されました。遅くまで学校に残って、熱の入った指導が続いています。生徒も真剣です。今年もトヨタ自動車を始めとする大企業から地元で輝く企業まで、48名が挑戦します。続々と朗報が届いています。

進学希望者に対しても、推薦の可否を検討する推薦会議が行われ、センター試験への出願手続きも始まりました。3年生は自分の「進路」をその手につかむ、大切な時期を迎えました。1・2年生がその背中を見ています。健闘を祈ります。

令和元年 9月30日    校長  三 浦 治 夫